幼少期から父親の影響でサッカーをはじめ、
小学校から高校まで市や県の選抜に選ばれるなど活躍し、サッカー選手を目指す。
一番伸び盛りのいい時期で腰の怪我をしてしまい、サッカーで大学に進むも
プロの夢を諦める。

サッカー選手を目指すのを断念したころから、自身がどうしてもサラーリーマンで働いているイメージができず、たくさんの社長や成功者に会いに行き、芸能オーディションなども受ける(笑)

卒業後、一時は就職するも1週間で退社し、その後は20種近い職業を経験するが、とある実業家の方から「営業をやってみないか」と声をかけられたことがきっかけで、今まで避けていた営業に挑戦すると、すぐに実績をだし営業の才能が開花。

その後、順調に営業で実績をつけ、現在は法人化し、出版プロデュース、書店販促営業や広告代理などを行なっている。法人1期目にして、年商5000万を超える見込み。

持ち前の明るさと素直さを武器に、精力的に活動している。
趣味はお酒、サッカー、フットサル、ゴルフなど。

【演題】
商業出版実現セミナー(基礎編)

【内容】
商業出版を目指す方のために、まずはやるべき基礎的なことから、出版実現までをお話しいたします。

商業出版をすることで、信用度が格段に上がり、個人・会社のブランディングにつながります。
会社であれば、人材採用などにも大きく影響することもあります。
また、書籍の出版をしたことで、集客や売り上げにつながり、テレビやラジオ出演につながるケースなどもあります。

このセミナーでは、
・商業出版を実現するために必要なこと
・企画書のアピールポイント
・売れる書籍と売れない書籍の違い
・出版社や書店店員が最近よく見ているポイント
・出版→バックエンドでの売り上げの実例
などについて、お話ししたいと思っています。

特に書店店員や書店本部のことはなかなか聞けるものではないので、実際の現場の声もお届けしようと思います。

在学中にベンチャー企業で完全歩合制のセールスを2年行う。
その後学生起業を果たし、慶應義塾大学を中退。

投資で失敗して7桁のお金を失う、社員が全員辞める、自称経営コンサルタントに
7桁のお金を支払うも成果なし、ビジネスパートナーが何人も変わる、などの様々な
失敗を経験。
 
それらの失敗を乗り越え、現在は会社経営5年目。
電子書籍出版プロデュース、ホームページ制作、ネット広告代理、Webスクール運営の事業を行っている。
電子書籍は売上1000万円、3万ダウンロードという実績があり、Amazon・iBooksランキング1位は必ず取れる。

将来は、冒険家、政治家を経験した後、日本のリーダーを育てる教育者になって日本を変えることを目標に、日々活動している。

趣味はお酒、旅行、ドライブ、フットサル、海外ドラマ鑑賞。
お酒は毎日飲みたいぐらい好きで、映画「ハングオーバー」みたいな最高の二日酔いを一度やってみたい。
一番好きな海外ドラマは、「ゲーム・オブ・スローンズ」。
月1で旅行しながら仕事するライフスタイルを実現している。

【演題】
電子書籍で1000万円売り上げる方法

【内容】
電子書籍を出すと、4つのメリットがあります。
・出している人が非常に少なく、先行者として市場を独占できる
・ほったらかしで見込み客が集まり続ける
・医者のように、信用できる人という権威付けができる
・商品・サービスを売りやすくなる

電子書籍は、現在2200億円市場で、3年後には3000億円規模になると言われています。
市場が広がり続けているために、注目度がドンドン高まっています。
電子書籍をキッカケに商業出版に繋げたり、取材が舞い込むということが起こっています。
さらに、電子書籍を集客ツールとして活用して、1000万円の売上を上げることが可能なのです。
セミナーでは、その方法についてお伝えします。

お問合せフォームはこちら
メールでの問い合わせはmizunotoshiyaoffice@yahoo.co.jp 担当 宮内

メールでの問い合わせは mizunotoshiyaoffice@yahoo.co.jp 担当 宮内まで

お問合せフォームはこちら
メールでの問い合わせはmizunotoshiyaoffice@yahoo.co.jp 担当 宮内


メールでの問い合わせは mizunotoshiyaoffice@yahoo.co.jp 担当 宮内まで